経営者と現場と場活師の「三位一体」による風土革新のプロジェクト 「場活」実績紹介

場活には現有戦力の価値を何倍にも高める力がある。 株式会社カラフルカンパニー 代表取締役社長 中井義貴

リーマン後2年間で凄まじい赤字を出した株式会社カラフルカンパニー。コストダウンに次ぐコストダウンで3年連続の赤字は免れたものの、事業の根本的な価値は大きく棄損され、売上は5年連続減少。いわば完全な縮小均衡に陥っている状態だった。

そんな厳しい経営状況のカラフルカンパニーを立て直すべく、親会社であるクイックからやってきた中井義貴社長は、1年間の試行錯誤の後、場活堂の活性化プログラムを導入することを決断する。

その結果、開始から3カ月もたたないうちに、カラフルカンパニーは主力事業である生活情報誌『金沢情報』で、創刊以来のギネス記録となる高い売上を達成。さらにその半年後には、その社内ギネスをも上回る記録的な売上を達成する。

危機的な状況に陥っていたカラフルカンパニーが約1年間の活性化プロジェクトを通じて、いかにして社内に活気を生み出し、健全な組織風土をはぐくみ、業績向上へと結びつけていったのか、その軌跡を追った。

生活情報誌の発行が主力事業

――カラフルカンパニーという会社について教えてください。

メインの事業は、金沢・富山・新潟で無料の宅配型生活情報誌の発行を行っています。クライアントから広告掲載料をいただいているコンテンツは求人情報・住宅情報・タウン情報の3つです。
現在「金沢情報」は23万部、「富山情報」は14万部、「新潟情報」は19万2,000部をそれぞれ発行しているので、毎週計56万2,000部、月間224万部のフリーペーパーを出し続けています。
金沢市内における「金沢情報」の配布率は85%ぐらいです。新聞で66%ぐらいなので、金沢市内の各家庭へのリーチ率で言えばNo.1のメディアです。

託されたミッションは新たな打ち手の模索と事業の立て直し

――どのような経緯で中井さんはカラフルカンパニーの社長に就任されたのでしょうか?

カラフルカンパニーの生活情報誌は高いリーチ率を誇り、雑誌としてシェアもあるのですが、この事業の次なる成長につながっていくような新しい打ち手が見えておらず、閉塞感があったようです。
そうした背景から「中井にやらせたら、なんか面白いことを考えるだろう」とカラフルカンパニーの現会長である和納は考えたようで、2010年の夏頃「社長をやってみないか」という打診がありました。

――当時のカラフルカンパニーはどのような経営状況でしたか?

非常に厳しい状況でした。リーマンショック後の2年間でカラフルカンパニーは凄まじい赤字を出していました。私が社長に就任する直前の2011年3月末には一応黒字にはなっていましたが、それはあらゆる部分のコストダウンを行った結果出した利益でした。
しかしこのコストダウンによって、カラフルカンパニーの事業の根幹にある価値が大きく棄損されてしまいました。具体的な例を挙げましょう。地域に密着した生活情報誌の冒頭には、たいていそのシーズンに合わせた読み物コンテンツ(編集記事)が掲載されています。宅配型のフリーペーパーですと、20%程度はこうした編集記事が入ってないと読者価値がなくなってしまうと一般的に言われています。48ページの情報誌であれば、10ページ程度はこうした編集記事がないとダメということですね。ところがこの編集記事は作るのにとてもお金がかかるんです。それで、一番厳しくコストダウンを推し進めていた頃は、この編集記事が48ページ中3ページにまで減ってしまっていました。
そんなわけなので、P/L上は一応黒字でしたが、売上は5年連続で減少していて、完全な縮小均衡に陥っていました。

このページの上部へ