経営者と現場と場活師の「三位一体」による風土革新のプロジェクト 「場活」実績紹介

古い組織風土を変えていくために一発で意識をかえる言葉が必要だと考えていたのです。

コクヨS&Tは事業環境を取り巻く大きな変化の中、それまでの古い体質を改め、組織活性化に取り組んでいます。その陣頭指揮に当たっているのが代表取締役社長の森川卓也さんです。森川さんは人財育成を担当する「HR開発室」を新設すると同時に、外部の「場活師」を巻き込み、“三位一体”となって風土革新を進めることを決断しました。そして、強い問題意識を持ちながら、スピード感を持って数々の施策を推進していきます。

コクヨS&Tがいかにして組織を活性化させ、風土革新を実現させていくことができたのか、その軌跡をご紹介しましょう。

スピード感のある経営を目指す

コクヨS&Tは、2004年にコクヨが分社・持株会社に移行した際に、コクヨの代名詞とも言える紙製品・文房具の製造・販売部門を引き継いで設立された会社です。

そして2005年に森川さんが社長に就任したとき、コクヨの黒田社長から変化のスピードアップを要求されます。事業を取り巻く環境変化が非常に激しく、その変化に対応していくことが最重要課題だったからです。

「今では、企業何年説という言葉すら危うくなっています。事実、1年前に作られた会社が半年後に潰れたり、一時大きく伸びた会社でも3年、5年ともたないケースもたくさんあります。スピード感を持って対応していかないと、環境変化に気づかず“ゆでガエル”の状態に陥ってしまいかねません。そのような意味から言えば、会社とはまさに変化対応業と言えます」(森川さん、以下同じ)

国内はもちろん、グローバルに展開していく中でその変化がより激しく、速くなっている現在、いかにスピード対応していくかがコクヨS&Tに突き付けられた大きな経営課題でした。

現状を認識し、さまざまな施策を打つ必要があると実感

環境変化に対応していくために、戦略や組織を変えることを模索する経営者が多い中、森川さんは違っていました。そもそも、戦略や組織を変えることが目的ではないからです。

まず必要なのは、正しい現状認識と、現在進めていることの検証です。そして、組織というのは戦略を実現するための一つの手段であることをよく知っていました。

だからこそ、森川さんは正しい現状認識を行い、その結果を全員で共有することが不可欠だと判断しました。その際、社内の声はもちろん、社外の声も拾うことが需要だと考え実施したのが「360度評価」です。すると、組織風土に関するさまざまな問題が浮き彫りとなってきました。コクヨS&Tに対する評価を見ると、以下のような厳しい内容が記されていました。

・生真面目すぎる(柔軟な思考ができない)
・くれない族(他責:「~してくれない」と他人のせいにする)
・被害者意識が強い(ちゃんとやっているのに、分かってくれない)
・コミュニケーションが不足している、下手である
・失うことへの恐怖感が強すぎる(前例主義に陥っている)
・瀬戸際感覚・危機感が欠如している(変革への意識が少ない) など

その他にも、「7つのS分析」などを行った結果、ビジョン、組織構造、経営メンバー、組織風土について現状認識していく中、森川さんは組織を活性化し、組織風土を革新していくことが何よりも重要なテーマだと判断しました。そのために、あらゆる手を使ってさまざまな施策を打つ必要があることを実感します。

そんな時に出会ったのが、「場活師」泉一也です。

このページの上部へ